美容コラム記事一覧

スキンケアにおける基本は、肌の汚れを落とすことと肌の水分を保つことです。洗顔をきちんと行わないと肌に問題が発生します。さらに、肌の乾燥もまた外部の刺激から肌を守る機能を弱体化させてしまうので、乾燥させないようにしてください。でも、潤いを与えすぎることも悪いことになります。肉体の中にもあるヒアルロン酸はタンパク質と結合しやすい性質を持つ「多糖類」にカテゴライズされるゼラチンのような成分です。とても保...

ヒアルロン酸は人間の体内にも存在するたんぱく質と結合しやすいという性質のある「多糖類」といわれるゲルの状態の成分です。大変保湿力が高いので、化粧品およびサプリメントといえば、ほとんど定番といわれるほどヒアルロン酸が使用されています。加齢とともに減っていくので、積極的に補うことをお勧めします。実際、保水力が減少すると肌トラブルを起こす頻度が高くなるので、用心してください。では、保水力を改善させるには...

肌の汚れを落とすことは、スキンケアの基本のうちのひとつです。それに、肌の水分を保つことです。洗顔をきちんと行わないと肌のトラブルが起こる要因となります。そして、肌が乾燥してしまっても肌を保護する機能を弱体化させてしまうので、保湿は必ず行ってください。でも、潤いを与えすぎることもいいことではありません。ヒアルロン酸は体内にも含まれるタンパク質との結合性が高い「多糖類」に含まれるゲル状のものです。とて...

保水能力が小さくなると肌のトラブルを抱え易くなってしまうので、気を配ってください。じゃぁ、保水能力を向上させるには、どんな肌ケアを試すと良いのでしょうか?保水力を強くするのに効果のあるスキンケア法は、血行を促進する、肌に良い成分をたくさん含んだ化粧品を取り入れる、上手に洗顔するという3点です。保水力が低くなると肌トラブルを引き起こす可能性が高くなるので、用心してください。では、保水力を改善させるに...

美容成分が豊富な化粧水又は美容液などを使用することで、保湿力をアップさせることができます。スキンケアにはコラーゲンやヒアルロン酸、アミノ酸といった成分を含んでいる化粧品を推奨します。血行を改善することも重要なのでお風呂(半身浴)歩いたりして、血行を改善してみてください。スキンケア化粧品を選ぶときに迷ったら、肌に刺激を与えるような成分をできるだけ含まないものを最も大切です。例えば保存料などは大変刺激...

肌がかさつく人は、低刺激の洗顔料をチョイスしてよく泡立てて、肌を強くこすらないようにしてください。力を加えて洗うと肌にとって悪いので、ポイントとしては優しく洗うことです。加えて、洗顔後は欠かさず保湿するのが良いでしょう。化粧水のみにせず、乳液。美容液クリームも状況に合わせて用いてください。洗顔の後の保湿は、乾燥肌を予防・改善する上で大切なことです。おろそかにしてしまうとますます肌を乾燥させてしまい...